ユーズマは中古スマートフォンの価格比較サイトです。

目的の中古スマホを購入する際、まったく同じ機種でも値段が違うのでどこが最安か調べるのが手間ではありませんか?
当サイトでは公式の中古スマホ販売ショップの中古スマホを通信キャリア・機種・状態別に最安価格を調べることが出来ます。

人気スマホランキング

1

iPhone 6 docomo

1

iPhone 5s au

1

iPhone 5c SoftBank

中古スマホの失敗しない買い方

はじめに

中古でスマホを購入して格安SIMで安く利用したい!
でも、どのスマホが使いやすくお買い得なのだろう?という疑問解消のために
当サイトの売れ筋商品をスペックと中古スマホ市場の最新価格から比較しランキングにしています。

最新おすすめ中古スマホTOP3ランキング

第1位 iPhone 6

iPhone-6-au
OSiOS 8最大待受時間3G:250時間
画面サイズ4.7 インチ画面解像度1334x750
SIMカードSIMロック解除不可 (nano-SIM)おサイフケータイあり
カメラ機能800 万画素認証方法指紋認証
本体サイズ67x138.1x6.9 mm本体重量129 g
ユーズマ調べ 2017年05月29日の価格:
docomo 
¥20800〜

AU
¥19800〜

softbank
¥15800〜


中古スマホの売れ筋ランキング不動の一位はiPhone 6です。
iPhone 6s、iPhone SE の発売により中古価格が下落傾向にあります。
日本でのシェアはiOS端末がNo.1でありアプリの多さデザインの良さは圧倒的です。
古い機種からiPhone、アンドロイド端末からの買い替え人気が高くなっています。
SIM取り出しツールを使えば簡単にSIMの取り換えも出来ます。
2台目としてもメインで使うのにも適したスマートフォンです。

ユーズマで最新価格をチェック!
iPhone 6 docomo
iPhone 6 au
iphone6 softbank

第2位 Xperia Z3 SO-01G

Xperia-Z3-SO-01G-docomo
OSAndroid 4.4最大待受時間3G:約750時間LTE:約640時間
ストレージ容量32GBRAM3GB
バッテリー容量3100 mAh画面サイズ5.2 インチ
画面解像度1920x1080SIMカードSIMロック解除可 (nano-SIM)
おサイフケータイありカメラ機能2070 万画素
防水機能ありワンセグあり
フルセグあり本体サイズ72x146x7.3 mm
本体重量152 g
ユーズマ調べ 2017年05月29日の価格:
¥16800〜


Xperia Z3 SO-01Gの最大の特徴は5.2インチの画面サイズです。
スマホでゲームを楽しむ人、写真や動画をよく見る人に人気の高い機種です。
「電源ボタン・音量ボタン・シャッターボタン」の物理ボタンが搭載されています。
シャッターボタンはデジタルカメラのように半押しでフォーカスを合わせられ、長押しでロック時でもすぐにカメラが起動するので非常に便利です。 SONY製品ということもありiPhoneやGalaxyと比較して音楽の音質が優れています。
iOS端末じゃないならこれで決まり!というくらいおすすめの機種です。

ユーズマで最新価格をチェック!
Xperia Z3 SO-01G

第3位 Xperia UL SOL22

Xperia-UL-SOL22-au
OSAndroid 4.1最大待受時間3G:約480時間4G LTE:約440時間
ストレージ容量16GBRAM2GB
バッテリー容量2300 mAh画面サイズ5 インチ
画面解像度1920x1080SIMカードSIMロック解除不可 (micro-SIM)
おサイフケータイありカメラ機能1310 万画素
防水機能ありワンセグあり
本体サイズ71x135x10.5 mm本体重量145 g
ユーズマ調べ 2017年05月29日の価格:
¥8000〜


Xperia UL SOL22はバッテリー交換が可能で中古スマホとして購入しても充電問題が起こることはほぼありません。
バッテリー寿命に縛られず長く使える点がこの機種の最大の魅力です。
さらにアンドロイドなので、おサイフケータイが使え、テレビが見れることも人気の理由です。
Xperia Z4やXperia Z5の最新機種は中古在庫も少なく価格もかなり高額ですので中古での購入はおすすめ出来ません。
とにかく中古でも長く使いたいという方におすすめのXperia UL SOL22です。

ユーズマで最新価格をチェック!
Xperia UL SOL22

その他のおすすめ中古スマホ

iPhone 5c

iPhone-5c-SoftBank
OSiOS 7最大待受時間3G:250時間
画面サイズ4 インチ画面解像度1136x640
SIMカードSIMロック解除不可 (nano-SIM)カメラ機能800 万画素
本体サイズ59.2x124.4x8.97 mm本体重量132 g
ユーズマ調べ 2017年05月29日の価格:
docomo
¥19800〜

softbank
¥13800〜

au
¥9980〜


使いやすいサイズの4インチ画面で携帯性が高いです。
レスポンスもXperiaに比べ速く感じられます。
カラーバリエーションも豊富なので使いやすさ、シンプルさを求めるならこの機種です。

ユーズマで最新価格をチェック!
iPhone 5c docomo
iPhone 5c SoftBank
iPhone 5c au

GALAXY Note II SC-02E

GALAXY-Note-II-SC-02E-docomo
OSAndroid 4.1最大待受時間3G:730時間LTE:約650時間
ストレージ容量32GBRAM2GB
バッテリー容量3100 mAh画面サイズ5.5 インチ
画面解像度1280x720SIMカードSIMロック解除可 (micro-SIM)
カメラ機能810 万画素ワンセグあり
本体サイズ81x151x10.4 mm本体重量189 g
ユーズマ調べ 2017年05月29日の価格:
¥9700〜


レスポンスの良さは文句が無しです。
物理ボタンがとても便利で直感的に戻るボタンが押せるのが特徴です。
画面サイズが5.5インチと大きいので携帯性は低いですが地図アプリやネットを頻繁に使う方におすすめです。

ユーズマで最新価格をチェック!
GALAXY Note II SC-02E

ARROWS NX F-05F

ARROWS-NX-F-05F-docomo
OSAndroid 4.4最大待受時間3G:約860時間LTE:約720時間
ストレージ容量32GBRAM2GB
バッテリー容量3200 mAh画面サイズ5 インチ
画面解像度1920x1080SIMカードSIMロック解除可 (micro-SIM)
おサイフケータイありカメラ機能2070 万画素
防水機能ありワンセグあり
フルセグあり認証方法指紋/顔認証
本体サイズ69x140x11.2 mm本体重量159 g
ユーズマ調べ 2017年05月29日の価格:
¥31980〜


デザイン性の高い国産スマホです。
同世代のスマホに処理速度の違いはあれどバッテリーの耐久度では最強です。
携帯性も高くスーツやシャツの胸ポケットにもすっぽりと入るバランスのいい機種です。

ユーズマで最新価格をチェック!
ARROWS NX F-05F

結論

iPhoneの人気が高いですが多少価格が高いので中古で購入するなら
XperiaやARROWSやGALAXYなど低価格で高性能な機種も選択肢に入れてみてはいかかがでしょうか。
SIMロック解除の義務付けが始まりMVNO(格安携帯電話キャリア)が増え中古スマホの需要が高まっており人気機種は早い者勝ちでなくなっていきます。
ランキングと当サイトの価格比較を参考に自分に最適な中古スマホを探してみてください。

中古スマホの失敗しない買い方

リサイクルショップやオークションサイトで、元々の価格に比べるととても安い中古スマホを見かけることがあるのですが、そういう中古スマホを見る度にウイルスに感染していたりしないのかとか、どこか大切な機能が壊れていないのかと考えることがありませんか?

安くて困ることはないのですが、中古スマホは電話番号などの個人情報、大事なデータを扱うものなので安心して使える物を購入しましょう。

しかし、安く買えるなら出来るだけ安いほうがいいはずです。
中古スマホを安全に安く買うために当サイトを使い見分けましょう。
des1

某有名オークションサイトは危険?

中古スマホを買うときに気を付けることは、同じ機種でも多数の商品を比較して、どのくらいの使用感で、どのくらい安くなっているのかを調べることです。

オークションサイトの場合、どんな有名なオークションサイトであろうと個人で出品しているものは、届いてみると実際はジャンク品であったり、赤ロムと呼ばれ割賦販売で購入された端末が支払い完了の前に中古品として流通し、その後キャリアによって利用停止にされる端末である不安もあります。

出品しているのが会社の場合でも、得体の知れない会社から購入するのは不安ですよね。
des2

中古スマホを安く・安全に買うための基礎知識

ネットでは、たくさんの中古のスマホが販売されており、価格も激安なものから、相当の値段のものまであります。 新品を買ったとしても、初期不良など起こすこともあります。

そこで、中古スマホ購入時は以下の点に気を付けましょう!

・公式ショップで購入する!
・1ヶ月から3ヶ月くらいの保証付きであれば、安心!
・同じ機種が何台も売り出している在庫の多い店舗を選ぶ!
・買った人のレビューをしっかり読んで参考にする!
・しっかりスペックを比較して調べる!

在庫を持っている所で買いますと、不具合が見つかったとしても、すぐに返品交換してもらえます。
あとは、自分で、買いたい機種がありましたら、しっかりスペックを調べるということも必要です。
新機種ではないものが多いので、現機種とスペックが違う場合があるので、比較が必要です。
古い機種は内部メモリが大きくない物が 主流でしたので、注意して買わないと、アプリが入らないどころか、データを移しかえることもできない事にもなりかねるので、しっかり下調べすることをおすすめします。
des3

中古スマホのバッテリー状態に気を付けよう!

中古のスマホを買うときにきをつけたいのは、新品のバッテリーを入手できるかどうかです。 できれば中古スマホを入手するのと同時に新品バッテリーを手に入れておきましょう。

インターネットで型番で検索をすれば、バッテリーが現在も販売されているかどうかがわかります。

アンドロイド携帯であれば、日本だけではなくアメリカやヨーロッパなどから中古スマホが輸入されていたり、現地生産されていたりします。
中古スマホはそれほど古いものは出回っていませんが、生産しているメーカーが廃統合されていることが考えられます。

もうバッテリーが作られていない場合は、互換バッテリーが存在するかどうか、きちんと入手できるかどうかを調べておきましょう。
バッテリーが入手できない場合は、販売店にバッテリーについて質問をしてみましょう。

また中古スマホを買うときは保証がついているものを選ぶと安心です。
動作の不具合など、購入後しばらく経ってから気づくことがあります。
できれば半年程度の保障がついていると安心です。
des4

赤ロム中古スマホに気を付けよう!中古スマホを買うなら白ロム!

中古スマホを買う時に気をつける事は色々とありますが、 その中で特に気をつける事は赤ロムを買わないことです。
この赤ロムとは前の所有者がまだ支払いを完了していないのに 売られている中古スマホのことです。
赤ロムのスマホは近いうちに前所有者が支払いをやめることが予想されます。

そうなると支払い未納という事で、今の所有者には何の関係もないのに スマホの利用を止められる事があります。

こうなるとどうにもならないので、赤ロムスマホを避けることが 何よりも重要になります。 当サイト掲載店のような信頼できる店で購入することをおススメします。

des5
きちんとしたネットショップであれば、最初から白ロムの中古スマホを販売しています。 白ロム携帯とはSIMカードを抜いた状態の端末のことを言います。 SIMカードが入っていないので赤ロムのようにスマホの利用がいきなり止められる心配はありません。

白ロムを使う方法はとても簡単です。 今お使いのスマートフォンからSIMカードを抜いて新しい端末に差し替えるだけです。

自宅やWi-FiフリースポットのWi-Fiなどを利用して通信料0円で使用出来ます。 また、格安SIM(MVNOSIMカード)を利用して月々の通信料を安くできるのも白ロムの魅力です。
des6
閉じる✕